PROFILE

(LtoR Dr.キムパンダ Ba.平井敦士(ひらいあつし) Vo&Gt.沖野惇(おきのじゅん) Gt.MASA)

東京を中心に研磨
磨き続けるロックバンド
人は誰でも原石である。いつまでも原石であれ。
磨。

2020年
8月 17Liveアプリにて渋谷O-nestからの無観客ライブ配信を実施。
   2時間のLIVE中17Liveの全体注目ランキング1位を独占。
   125万coinのギフト数(投げ銭額にして40万円相当)を達成。

5,6月 「下北沢CLUB251」、「本八幡ルート14」にてYouTube無観客ワンマンライブ配信を実施。
下北沢CLUB251 無観客ワンマンライブ アーカイブ映像

3月
2nd Mini Album『Polish up change』サブスク解禁。(「MUSIC」ページ)
iTunes、Apple music、spotify等各種音楽配信サービスで配信開始。
オンラインショップ開設。(「CD/GOODS」ページ)

2019年
1月 全国バンド図鑑2019上半期に掲載。
3月 全国書店、楽器店にて発売のサウンド・デザイナー2019年4月号に掲載。
1本でマルチトラック録音ができるマイク「ZYLIA」のモニターとして参加。
2nd singleのレコーディングを実施。
4月 2nd single「大丈夫/夏の小石」配信限定リリース。
下北沢CLUB251にてリリース記念イベントを開催。
9月 新譜のレコーディングを実施。
11月
下北沢CLUB251にて“GENSEKI REKOHATU2019”レコ発イベントを開催。
2nd Mini Album『Polish up change』発売。
収録曲は全6曲。
1.灯篭 2.James 3.大丈夫
4.夏の小石 5.Feel 6.レコードヘルプミー

2018年
東京・下北沢に活動拠点を移し、都内にて精力的に活動。
6月 1st E.Pのレコーディングを実施。
7月 2nd MV『サイキッカー』公開。GENSEKIの「らしさ」を表現。監督・編集は唐井基行氏。
8月 1st E.P『サイキッカー』発売。
8/4(土)下北沢 CLUB 251にて、バンド2回目となる自主企画レコ発イベント
『サイキッカー』開催。約150人の動員で無事成功。
9月 各種配信サービス(itunes store,LINE MUSIC etc…)で1st E.P『サイキッカー』の配信開始。
3rd MV『Glowing up』を公開。レコ発『サイキッカー』のライブMV。
GENSEKIのライブやライブリハーサル風景を映像化。監督・編集は2nd MV『サイキッカー』同様、唐井基行氏。

2017年
1月 Road to Taiwan オーディション 決勝進出。
2〜3月 ライブ活動 磨く。
4月 1stとなる音源のレコーディング、MV撮影
5月 1st MV『Naked』公開。
1st single「Naked/Glowing up」をライブ会場限定リリース。
代々木ザーザズーにて初の自主企画レコ発イベント『夢見る小石じゃいられない』を開催。
7月 Gt.の金田 別バンドの活動により脱退。
新Gt. MASA 加入。
赤坂BLITZ出演。
8月~ 下北沢、渋谷を中心として新体制でのライブ活動本格化。

2016年
2月 大学の音楽サークルで旧知の仲であったVo.沖野、Ba.平井、Gt.金田を中心としてバンド結成。バンド名をGENSEKIとする。
3月 高円寺ロックバーlulaのイベントにてサポートDr.を加え初ライブ。
当初はこのライブ限定のバンドのつもりであったが、GENSEKIとして正式にバンド活動をすることになる。
4月 正規Dr.を探してメンバー募集を実施。
メンバー募集動画を作成し、冗談で「国籍不問」と記載したところ本当に韓国籍のDr.キムパンダが現れる。
日本語が上手く優しそうであったため、ファミレスで話してその場で加入。
5~12月
渋谷、新宿、池袋、代々木、高円寺でライブ活動を展開。
徐々に磨かれていく。

PAGE TOP